ヒョウモントカゲモドキ(ノーマル個体)    学名/Eublepharis macularius        ヤモリ科
左側の卵は、産まれた個体の卵の抜け殻で、右側にある卵が孵化待ちの卵です。
{写真撮影日:2002年4月24日}
☆ヒョウモントカゲモドキ 第2号! ♀
 2002年3月16日に、我が家で飼育のヒョウモントカゲモドキの産んだ卵が、
 同年、4月24日AM6:00には、完全孵化した。
 我が家では、2002年第2号の誕生である!!
 同親個体♀は、4月24日に新たに2個卵を産み、現在も5個孵化待ち状態。
 2002年、もう何個卵を産んだだろう?
 みんな、孵化寸前で死んでしまいまして、、、
 そんななんやかんやらで、この個体の誕生は、非情に嬉しくもある。
{写真撮影日:2002年5月12日}
☆我が家、最後の日!
 2002年5月12日時、体重は5g程。
 この子は、ひろこっちさん家で可愛がられる事だろう。
{写真投稿日:2002年12月21日、撮影者、ひろこっち} {写真投稿日:2003年8月2日、撮影者、ひろこっち}
☆脱皮前の撮影ですね!
 その後、名を「ばらきっち」と付けられ、
 可愛がって頂いております。
☆我が家から、ひろこっちさん宅に行って早1年!
 7月には、2世も誕生をしたそうで、
 我が家のヒョウモントカゲモドキも、
 御爺さん&御婆さんに。



{写真投稿日:2003年8月2日、撮影者、ひろこっち}
☆↑この子が、ばらきっちの子供で、
 7月産まれ第3号個体だそうです!
☆↑この子が、ばらきっちの子供で、
 7月産まれ第1号個体だそうです!
{写真投稿日:2004年9月1日、撮影者、ひろこっち}
☆我が家から、ひろこっちさん家に行き、早2年目!
 親の遺伝子を受け継いで、手足、尻尾の太い事。
 2004年は、産卵お休みだそうです!!


この子は、ひろこっちさん家に行きました!
ひろこっちさんは、生き物飼育センスが生まれながら良く、
ブリブリな子に育つことだろう。
ひろこっちさんのホームページはこちらです⇒


この子の親♂個体を見る?

この子の親♀個体を見る?

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー